Training

一昨日、今年「唯一」の3年生を、無事送り出しました。
悲劇の「新入会者0名」の代。
卒業した1人の選手は、エルマナと同級生のチームが「なくなって」、それでもサッカーが続けたくて、中2の途中から入団するという異例のパターン。
彼女は、FC HERMANAの歴史を途絶えさせず、たった一人で様々な重荷を背負いながら、苦しみ、もがき、戦い続け、一度は途切れかけた想いを次の世代へと受け継いでくれました。

チームとしても、感謝の気持ちしかない、いつもとは違う特別な卒業。
笑いがほとんど、ちょろっと涙、のエルマナらしい送る会となりました。
※それにしてももんじゃの街荒川の出身なのに、みんな作るの下手すぎ!!!!(笑)

彼女につないでもらった想いをしっかりと背負い、私たちは、エルマナ3ヶ年目標の達成に向け、新たなスタートを切ります。

①関東大会出場:未
②東京都リーグ2部昇格:未
③東京トレセン輩出:済
④在籍者定期テスト平均70点越え:済
⑤在籍者30名越え:(4月から)済

2017年度は、「結果を求める1年」です。
環境を創ること、人を集めること、チームの価値観を伝えること、2016年度は一気にブランディングを固めてきました。

だからこそ、向き合っています。
『最幸の環境』には、『結果が必要』です。

プロセスにこそ価値がある。
すでにそれを彼女たちは手に入れている。
でも、私たちが生きているのは、『勝負の世界』。

勝者こそが「真」。
きっと、その成功体験が、彼女たちを生涯支える自信になる。
そのプロセスをもっともっと磨いてピカピカにしてくれる。

必ず、いきます。
あと2年で、2部へ、そして、関東へ。

最後は3年生の言葉で、
「どんなに苦しいって思っても、辞めたいって逃げたくなっても、続けてください。いつか必ず、続けて良かったって心から思える日がくるから。」

 

『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』
~荒川区・足立区の女子サッカークラブ~

 

☆ファンクラブ会員募集中☆
https://camp-fire.jp/projects/view/49729

Share

Leave a Reply