News, Other

文武両道を志すエルマナの選手たちは、週5日サッカークラブに通い、週たった2日のお休みのうち1日でAcademia Ambistaに通い、残りの1日は、部活や塾に行ったり、自主練したり。。。
そんな志高き子にとって『最幸の学びの環境』を築き上げるために。
実は今、1学期の実施後も「希望者のみ」でAcademia Ambistaをこっそり行っています♬

私たちが常に掲げているもの、それは、

『文武両道を通じて、自分で好きと言える(新たな)「ジブン」になる』こと。

ちょうど先月2学期の期末試験が終わり、先日はその振り返りをメインテーマとした講義を行いました。
そこで子どもたちからあがった「Academia Ambistaを始める前と後の変化、気づき、学び」について、おもしろい記述をいくつか紹介させていただきます。

————————————————————–
「スケジュール、目標をたてることはとても簡単で、誰でもできる。だけど、実際に行動にうつすことはとても難しかった。だから、行動にうつすことはもちろん、うつそうとする努力が大切だと思った。」(中1 N.S)
「逆算して目標を立てること、「数字」「行動」「できそう」ということを意識することがとても大切だと思いました。」(中1 R.N)
「今回のテストで、サッカーをやっていても、勉強する時間はこんなにあるんだと思い、自分のテストや勉強に対する意識が変わりました。」(中2 Y.M)
「アカデミアに入る前は「勉強なんてしなくても、サッカーだけやってればいいやー。」って思ってたけど、今は「みんな今日勉強してるから自分もやらないと」って思えるようになった。」(中2 S.S)
「毎回目標をてきとうに決めてスケジュールとかはたてないで勉強してたけど、目標をちゃんと立てることでその目標をたっせいするためのスケジュールを立てて勉強しないとって思えた。だから目標を立てることはすごい大事だと思った。」(中2 K.K)
————————————————————

今は、毎週「たまたま」借りることができた公民館の教室に集まって学ぶ日々。
基本的には、私一人orアシスタント一人で行う講義。
すべて手作りの教材。あまり画質の良くない印刷。etc…

決して『最幸の学びの環境』ではありません。

この学びの環境を整え、次年度からきちんと事業化をして再出発するために、現在クラウドファンディングに挑戦しています。

文武両道を志す子どもたちが安心して、落ち着いて、学びに没頭できる環境を築き上げていくために。
どうか皆さんのお力を貸してください。(^^)/

https://camp-fire.jp/projects/view/14598#item41391

 

『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』
~荒川区・足立区の女子サッカークラブ~

☆ファンクラブ会員募集中☆
https://camp-fire.jp/projects/view/49729

Share

Leave a Reply