News, Other

エルマナ改革が始まった2016年度に現在長野県の佐久長聖高校で全国大会出場を目指す高1の佐藤志緒が切り拓いたエルマナの「東京トレセン」合格の連鎖。

今年度はU-15の在籍している小6(飛び級)・中1・中2・中3×2の計5名がトレセンに合格していました。

東京都2部/4部所属のチームとしてはそれだけでも十二分すぎる快挙なのですが・・・

 

この度なんと、中3の渡辺華音と中2の山内菜摘の2名が「関東トレセン」メンバーに選出されました!!!!Σ(゚Д゚)

 

しかも2人ともキーパー。(笑)

つまり今年度のエルマナは、どっちのキーパーをだそうと、「ベンチに関東トレセンが座ってる」恐ろしい環境になりました。(笑)

 

この子たち、小6時はどこのセレクションに引っかかったわけ、誰の目にとまった訳でもなく、「普通」に家から通えるエルマナに入団した選手です。

 

2018年度のエルマナは東京トレセンに5人合格するわ、関東大会出るわ、年間リーグはまだ1回しか負けてないわ、アクオレカップでベスト4まで進むわ、関東トレセンに2人選ばれるわ、、、

 

なにもかもがうまくいきすぎていつなにでコケるのかが怖くて仕方ありません。(笑)

自分で言っておきながら『選手の伸びしろNo.1クラブ』の成果がこんなに表れるとは想像もしていませんでした。。。(笑)

 

こんな嬉しいニュースを糧に、これまでと変わらず今日もトレーニング頑張りまふ!

 

華音、菜摘、ほんとにほんとにおめでとう!!!!

 

 

『サッカーを愛する少女たちに最幸の環境を』

~荒川区・足立区の女子サッカークラブ~

☆ファンクラブ会員募集中☆
https://camp-fire.jp/projects/view/49729

 

Share

Comments are closed.